借金で人生詰みそうだった私の借金解決方法

借金で人生詰んだと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

そんな私も3年前に422万3千円の借金を抱え、完全に多重債務者になっていました。

 

借金詰んだと本気で思っていましたので一時期は家族そろって心中するしかないかな。

 

と思うくらいに追い込まれてしまたorz

 

そんな私ですがたまたまテレビで過払い金請求のCMをみた事をきっかけに
人生に終止符を打たずに済み、今でも元気に生活をする事ができています。

 

感の良い方ならもうお分かりですね。

 

私は債務整理をする事によって人生を詰む事なく再スタートを切る事が出来ました。

 

また、覚悟していた自己破産もせずに家も没収されずにすみました。

 

もしあなたが今借金で詰みそうだと感じられているならばまずは
自分の借金が債務整理によって解決する事ができるのか調べてみてください。

 

そして今すぐに行動をしてください。借金問題は時間がたつにつれ利息や延滞金は増え続けるので
状況が不利になるだけです!

 

債務整理が可能なのか。過払い金請求を行ってお金が戻ってくるのかは
債務整理の無料シュミレーションサイトで無料相談をする事で知る事ができます。
匿名で出来るので誰かにばれる事もなく安心です。

 

まずは自分の状況を専門の無料相談員に聞いてもらうことからはじめましょう!!
きっと私のように借金で詰むことなく人生をやり直すことができるでしょう。
syumi

 

自分では意外ときずいていない!借金で詰んでる人の特徴って?

 

例えば、月々の返済は何とかできるものの、借金を返してしまうだけで手元には何も残らない。

 

例えば、月々の返済も苦しく、借金を返すために借金してしまい、一向に借金が減らないどころか増えてしまう。

 

例えば、月々の返済のために貯金を取り崩していて、このままではいつか返済できなくなることが予想できてしまう。

 

借金する原因は様々です。

 

自分の欲しいもののために、後先考えずに借金してしまった人。
誰かの保証人となって借金を背負ってしまった人。
病気で働けない等、生活のためのお金が足りずに借金してしまった人。

 

借金で人生を詰んでしまいそうな人は色々なタイプがいます。

 

今の生活を続けていても借金がどうにもならない、あるいは、借金があるためにこの先、今の生活を続けていくことが難しい、というのが借金の悩みです。

 

そしてこれを放置していると本当に人生詰んでしまいます。

 

2chやまとめサイトでも借金で自分が追い込まれているのを自虐的に話している方がいますが実際
笑えるような話ではありません。

 

そうならない為にも早めの行動こそがすべてなのです。
きっと私のように借金で詰むことなく人生をやり直すことができるでしょう。
syumi

借金で人生詰みそうな人の為に今からでも間に合う人生逆転方法

 

借金の原因、状況はさまざまですが、借金に悩んでいる人は少なくありません。
自分が作った借金なのだから、自分でどうにかすべき、という意見も、それはそれでまともな意見です。
また、借金で苦しんでいる人がいる一方で、借金のお金を貸した人がいるのだから、その人に迷惑をかけるべきではない、それもそれでまともな意見です。

 

しかし、将来に希望の持てない中で生活し続けることは、借金をしている本人にとっても、お金を貸している人を含めた周りの人にとっても、決して望ましいものではありません。

 

では、借金でどうにもならなくなってしまったら、どうしたらいいのでしょうか。

 

借金で詰んでしまわない為に債務整理という手段をおすすめしたい

 

借金のことを債務と言います。
借金でどうにもならなくなってしまった時に検討すべき、そして実行すべき方法、それが債務整理です。
債務整理は、誰にもが借金から無条件で解放されるような万能のツールではありません。相応の痛みを伴うこともあります。
そのため、できれば、債務整理を行う前に、なんらかの対処をすることが重要です。
そして、債務整理を行う場合であっても、より早い段階で、借金の問題が重たくなり過ぎないうちに、行うことが望ましく、その方が痛みも少なくなります。

 

債務整理って何?

 

では、実際に債務整理を行うことで、どのようなことが起こるのでしょうか。
特に、どのようないいこと、があるのでしょうか。

 

債務整理にはいくつかの方法があり、それぞれの方法によって得られるもの(つまりは、いいこと)の内容も異なります。

 

債務整理の方法の一つは任意整理と呼ばれるものです。
任意整理は、債権者(お金を貸している人)との間で直接交渉して、借金についての問題の解決を図る方法です。
債権者と直接と言っても、借金問題について素人である借金をしている人が直接、銀行や消費者金融、クレジットカード会社と交渉するよりは、専門家(弁護士や司法書士など)に依頼して代わりに交渉してもらうことが一般的です。
また、任意整理の一形態として、裁判所に中に入ってもらう、特定調停という方法もあります。

 

いずれにしても、借金問題の解決に向けて、債権者が合意した範囲で、問題の解決が図られることになります。
例えば、債権者が借金の全部または一部を免除してくれることもあります。また、今すぐに返せない借金について期間を延ばしてもらうこともありえます。

 

債権者からそのような合意を得るためには様々なテクニックがありますが、いずれにせよ、合意が前提となるため、解決方法も様々であることが特徴です。
また、任意整理は個々の債権者と合意することから、その債務整理を行ったことが、他の借金には影響しずらいということも特徴です。

 

繰り返しになりますが、任意整理は債権者の合意が必要となるため、どうしても合意してもらえなければ、債務整理が行えません。
そのような合意してくれない債権者からの借金もまとめて債務整理の対象とする方法の一つが、民事再生という方法です。

 

民事再生では、まず裁判所にお願いをしてスタートする方法です。
裁判所には、どうしてこのままでは借金問題が解決できないのか、どのくらいの借金を免除してもらえば残りの借金を返すことができるのか(これを再建計画と言います)、を説明します。
裁判所が計画を了承したのち、債権者にも計画が開示されます。そして、債権者の過半数(借金の金額の半分以上を持つ債権者の合意)があれば、再建計画に従って、借金を貸していくことになります。

 

再建計画が作れない、あるいは過半数の債権者の合意が得られない(例えば、借金が多い上に、収入もなく返せる見込みがないなど)場合には、自己破産という手続きがあります。
これは、手元にある自分の財産を、お金に換えて債権者に分配する代わりに、分配では返しきれない借金を免除してもらう、という手続きです。
民事再生と同じく、裁判所にお願いして手続してもらうことになりますが、こちらは一切、債権者の合意が必要なく、全ての債権者が反対していても行われるという特徴があります。

 

きっと私のように借金で詰むことなく人生をやり直すことができるでしょう。
syumi

 

借金で詰んでしまうむ前にできる手段を使って厳しい状況を回避する!

 

借金の問題は、人間関係のような、気持ちでどうにかなる問題ではありません。
そのため、悩んでいると、ある日突然、視界が晴れて、問題が解決することはありません。
放置して待っていても、人生が詰んでしまうだけです。

 

問題を解決するためには、正しい解決策を見つけ、その解決策を実行していくことが不可欠です。
そのためには、まず、どのような解決策があるのか、を知ることが第一歩です。

 

それぞれの解決策には、それぞれのデメリットがありますので、そのメリット・デメリットを理解した上で、どの方法を選ぶのか、を考えるべきです。
つまりは、借金を悩むのではなく、債務整理について考えるべき、なのです。

 

借金が免除されれば人生詰まなくてすむ!

 

債務整理をすると借金が免除される?!

 

債務整理についてよくある、素朴な誤解の一つは、債務整理すると、借金が免除される、というものです。
確かに、債務整理の方法によっては借金が免除されることがあります。
上記の通り、民事再生については借金が一部免除されますし、自己破産では全ての借金が免除されます。
その意味では、完全な誤解ではないのかもしれません。

 

しかしながら、任意整理では借金の免除がなされないケースもあります。
そして、どの債務整理の方法であろうとも、何の痛みもなく、ただ借金が免除される、ということはありません。

 

債務整理を検討するに当たっては、借金の問題が解決するよう、それから、また、悪い方向に向かわないよう、整理を行う必要があります。
そのためには、債務を免除してもらわず、残しておいて返済した方が良いケースもあります。

 

どのような方法が良いのかは、借金の額や、その人の置かれている状況によって違います。

 

以下では債務整理を行った際のデメリットについてご説明させていただきますが、それぞれの事情によって何がデメリットとなるかは変わってくる可能性がありますので、早めに専門家にご相談していただくことを強くお勧めします。

 

きっと私のように借金で詰むことなく人生をやり直すことができるでしょう。
syumi

 

借金を解決するにはには当然リスクもある!

 

債務整理をするとどんなデメリットがある?

 

では、実際に債務整理を行うとどのようなデメリットがあるのでしょうか。
以下では、よくある疑問への回答を記載しています。

 

債務整理をしたら新しいクレジットカードを作ったり借り入れが基本的にできない

 

債務整理を行うと、クレジットカードを作ったり、借り入れをしたり、ということができなくなるのではないか、という疑問がまず、浮かぶでしょう。
基本的にはその通りです。

 

一度、借金を踏み倒した(実際には債務整理は、踏み倒すという悪いことをするわけではなく、法律や債権者との合意に基づく正当な行為なのですが)、そんな相手にさらにお金を貸そうと、普通は思わないですよね。

 

債務整理に至った理由が、お金を使いすぎてしまったこと、であれば、借金できなくなるのは、欲しいものを我慢することにつながるため、必ずしも悪いことばかりではありません。
ただ、クレジットカードが使えなくなると、ETCカードも使えなくなるなど、意外なところに影響が出てくるため、事前にしっかり考えておく必要があります。

 

ですがクレジットカードがなくても人生詰んだわけではありません。
いくらでも生活し行くことはできるので問題はないでしょう。

 

人生オワタわけじゃない!財産は残したまま再出発しよう!

 

債務整理の種類によっては財産が没収される

 

債務整理によって、借金が免除されるのであれば、財産も没収されるのではないか、という疑問もよく耳にします。
財産が没収されるかどうかは、債務整理の種類によって、変わってきます。

 

確実に財産が没収されるのは、自己破産の場合です。
この場合には、最低限の生活に必要な物を除いて、すべて没収される(正確には、換金されて債権者に分配される)ことになります。

 

民事再生の場合には、没収は制度の上では、想定されていません。
しかしながら、実際には、民事再生を行うと、担保権が行使されます。

 

そのため、担保のついているもの(住宅ローンで自宅に抵当権が設定されているとか、割賦販売で自動車を購入して、所有権留保がついているなど)の場合には、その財産が没収されることになります(こちらも担保権の行使によって、担保の対象となっているものが換金され、債権者に分配される、が正確です)。

 

民事再生においては、住宅ローンについての特例が用意されていますので、その制度を利用することで、自宅を手放さずに済むこともできます。

 

任意整理の場合には、基本的には、自分で認めない限り、財産の没収は行われません。
任意整理の対象となる借金に担保権が設定されている場合でも、担保権の行使については合意されるまで行使されません。
また、担保権のついている債権については、債務整理の対象としないことも可能です。

 

但し、債権者に任意整理に合意してもらうためには、財産を処分することが必要となるケースもあります。
例えば、まとまったお金を一括して返済することで、残り分については免除してもらうこと、も任意整理の戦略の一つですが、この場合には財産の処分が必要になります。
あくまで、自分で認めた範囲でのみ、処分される、ということは繰り返しになりますが、覚えておいてください。
きっと私のように借金で詰むことなく人生をやり直すことができるでしょう。
syumi

債務整理をしたことが会社にばれたら別の意味で人生詰んでしまう・・・

 

債務整理を行っても、会社にばれる心配はない、ということはよく耳にするところです。
実際には、債務整理の方法によって、絶対にばれない、ということはないのでしょうが、その危険性は低いということです。

 

では、実際に会社にばれてしまうと解雇される、つまりはクビになるものなのでしょうか。
この話は、どのような債務整理を行うか、そして、どのような仕事をしているか、によって結論が変わってきます。

 

債務整理の種類としては、任意整理、民事再生、自己破産の順番で解雇される可能性は少なくなります。

 

任意整理はあくまで、借金の貸し手と借り手の交渉です。
そのため、通常はどのような交渉をしたところで、会社のばれることはなく、解雇される可能性は、ほとんどありません。
ただし、会社から借りているお金について、任意整理をする場合には、解雇に至るケースもあり得ます。

 

民事再生については、給与所得者(つまり公務員やサラリーマン等)についての特則があります通り、
今まで通りの生活を送りながら、借金を返していくことが前提とされており、こちらも解雇に至る可能性はほぼ考える必要はありません。

 

自己破産については、職業として続けられなくなるケース(警備員や保険の外交員等)もあり、他の債務整理と比較すれば、解雇される可能性はかなり高くなります。

 

そして、債務整理のいずれについても、会社の就業規則で解雇事由に当たる可能性があります。
債務整理を行ったことを理由とする解雇が有効であるのか、は個別の事情にもよるため、一概には何ともいいずらいところです。
ただ、解雇されないとしても、会社に知られることは、その後の社内での肩身の狭さにつながることは覚悟しておく必要があります。

 

特に仕事を失ってしまってはせっかく債務整理をして借金で詰んでしまうのを回避できたとしても
別の意味で人生が終わってしまいます。
詰んでしまわないように慎重に行動をしましょう。

 

子供がいじめられたら自分が借金で詰むよりも辛い

 

債務整理を行うこと、それ自体は、決して悪いこと、ではありません。
しかしながら、債務整理を行ったことは、決していいニュースではないことも確かです。

 

そして悪いニュースを、尾ひれ腹びれをつけて吹聴する人、というのは、どこにでもいるものです。
そこは子供の世界であっても、大人の世界であっても同じです。

 

ただ、大人であれば、他の評判で取り戻したり、誤解を説明したりして解決できることでも、子供はそうはいかないこともあります。
いたたまれないことだとは思いますが、債務整理を行ったことを理由に子供がいじめられる、ということも実際には起こっています。

 

これを防ぐためには、債務整理の事実が広まるのを防ぐことが一番の対策になります。
債務整理の方法をより、ばれない任意整理にすることも一案です。
自己破産を行われ、自宅を手放さざるを得なくなるのであれば、思い切って遠方へ引っ越してしまうのも一案です。

 

なお、子供のいじめについては、債務整理を行うこと、行わないこととの比較を行うことも重要です。
債務整理を行わない状態では、債権者からの催促がされているはずです。

 

周りの人に、借金の問題が知れるのは、債務整理からよりも、借金の取り立てから、というケースの方が圧倒的に多いのです。
債務整理をした、というのは既に終わった事件であるのに対して、借金の取り立てに合っているというのは、現在進行形の事件です。
野次馬としては、現在進行形の事件により関心を寄せますよね。

 

債務整理を行うことで、催促・督促を止めることができます。
どちらが、子供にとって望ましい状態なのか、はよく考えてみてください。

 

借金で詰みそうな人ができる対応策はこれしかない!

 

借金詰んだと思う前に、そのまま悩み続けないために、債務整理という方法があります。
もちろん借金で悩み続けることはいいこと、望ましいことではありませんし、逆に、債務整理は決して悪いこと、ではありません。

 

借金ができなくなる、財産が没収される、会社から解雇される、子供がいじめらる、等など、起こりうるデメリットも、債務整理には多くあることもまた事実ではあります。
しかし、債務整理の方法を選ぶことで、債務整理の効果も小さくはなりますが、デメリットもまた小さくすることができる可能性があります。
借金の問題を解決するというメリットと合わせてこれらのデメリットを検討することで、自分に最も合った債務整理の方法を選んでいただきたいです。

 

きっと私のように借金で詰むことなく人生をやり直すことができるでしょう。
syumi

更新履歴